カテゴリ:迎寿厄除張り子 > わしみみずく

最も古き神の一柱「ホルス」 四大文明発祥の地の一つであり、世界最古の歴史を誇るエジプト。 ホルスはエジプトの神々の中でも最も古い神の一つで、天空と太陽を神格化したもの。 隼の頭部をもった男性の姿で表され、エジプトの王であるファラオの象徴とされてきました。 ...

天高く舞う鳥たちの盟主「鳳凰」 古代中国の伝説を起源とする霊鳥「鳳凰」。  鳥たちの王であり、雄が「鳳」雌は「凰」といい、天子が良き政をおこない、天下太平のおだやかな時代にのみ現れると言われています。 中国と日本では鳳凰の姿形は異なりますが、どちらも雉や ...

最古の伝染病「疱瘡」と病魔を払う「赤」の力「赤物」と呼ばれる魔除けの張り子たちをご存知でしょうか? かつて、医療が発達していなかった時代…… 人間は病気に対して脆弱で、現在では薬でたちどころに治ってしまうような病気で命を失うのが当たり前でした。 その中でも ...

地獄と極楽、死後の行く先を知らしめる「絵解」の業 善行を積めば天国に、悪行を重ねれば地獄に行く。 現代に生きる我々からすると当たり前のような思想ですが、実は地獄や天国といった概念は元々日本にあったものではありません。 古代日本では死者の魂は「山の上など、 ...

唯一無二、世界一美しい日本の四季 春は桜を愛で、夏は輝く太陽と自然の青さに感嘆し、秋は彩りに染まった山と海の幸を楽しむ。 冬はしんしんと静まる白い世界に耳をすませながら、春のおとずれに想いを馳せる…… 春夏秋冬、日本人なら誰もが当たり前の一年の季節の流れ ...

↑このページのトップヘ