_DSC0108

出産から誕生、そして健やかなる成長へ~命を見守る犬張子の力~

 犬張子は古来より子どもの玩具として、病魔を払い、安産を祈願する、子どもの命を守る魔除けのお守りとして親しまれてきました。 

 犬は一度にたくさんの子を産み、出産後すぐ持ち直し子犬に乳を与えます。

 出産が命がけだった時代、犬にあやかり、母子の命を守ろうという願いから犬の姿をした張り子がさかんに作られるようになり、時を経て現在の犬張子の姿になったのです。

 江戸時代も半ばをすぎる頃になると、子どもが生まれると、お祝いに犬張子を送る習慣が生まれました。

 沢山の犬張子をもらえた子どもほど元気に成長し、貰った犬張子は子どもが遊んで壊すほどよいとされ、当時の浮世絵では山のように積まれた犬張子の姿なども残されています。

_DSC0109

林庵が蘇らせた江戸初期、原初の犬張子

 林庵が送り出すのは江戸時代初期の型を復刻した、原初であり、最古の犬張子。

 江戸時代の浮世絵を参考に、芸樹厄除張り子作家の林史恵先生が製作。

 江戸復刻犬張子は林史恵先生が以前「はりこのはやしや」で販売していたもので、復刻してほしいとの要望が数多く寄せられたため、林庵での販売となりました。

 犬張り子は現在では丸い顔に短い足という姿が一般的ですが、当初はより犬に近い姿をしていました。

 戦国が終わったばかりでまだ世が安定していなかった時代、犬張り子に求められたのは可愛らしさよりも、災いを追い払う番犬としての力が必要とされていたからです。

 張りは伝統ある埼玉小川の張り子紙を丁寧に貼り剥がし。

 和牡蠣の貝殻を本膠で溶いた胡粉を一週間、七層にわたって塗粧した古来からの和張り子ならではの製作工程を全て抑えた名品として仕上がっております。


お子様の健康祈願に

  犬張り子には「子供が大病にかからず、健やかに育つように」との願いが込められています。

 幾多の命を奪った疱瘡…… 天然痘は1977年以降患者は発生せず、根絶されましたが、この世から病魔が消え去ったわけではありません。

 エボラやHIVなど以前は存在しなかったあらたな病原菌が誕生し、飛行機で世界中を簡単に行き来できる現代、いつどこで恐ろしい病気に巡り合うかまったくわからなくなりました。

 お子様の健やかなる成長への願いの品として、古来より病魔を退けるまじないの品として。

 極上の贈り物となることを自信をもっておすすめいたします

_DSC0111

安産祈願に

 犬張子には安産祈願の願いが込められています。

 医療水準が低かった時代、出産は命がけで、出産適齢期である20代女性は産褥により他の年齢層よりも死亡率が突出していたことが知られています。

 犬は他産で、出産後もすぐ有るきだして子どもに乳を与える姿から安産をもたらす力があるとされてきました。

 大切な人の出産のお守りとして、江戸時代からの実績がある犬張子ほど相応しい品は無いと自信を持っておすすめいたします。


_DSC0115

 同じく林史恵先生がはりこのはやしや時代に製作していた人気商品である犬張子のひめ犬との並び。

 江戸の血を受け継ぐ祝いの品、贈り物として2つ合わせてみてはいかがでしょうか?

 【はりこのはやしや】 江戸復刻犬張子
 
 
 販売価格 30000円

 DSC00005

 商品は美術品用の桐箱に封入し、厳重に梱包したうえで発送させていただきます。

 DSC00006

 お手元に届きましたら、「林庵」の捺印を必ずご確認ください。

 DSC00007

 復刻犬には林史恵先生が直々に編集した「犬張子通信」が同梱されています。
 
 犬張子の歴史をわかりやすく、また面白く綴った奥深い記事をぜひご覧になってください。

 ※当店の迎寿厄除張り子は全て1点物です。製作には1点あたり職人が一ヶ月以上時間をかけるものばかりとなっているため、販売済みの張り子については、予約状況にもよりますが注文から発送まで最大6ヶ月以上を必要とすることもあります。

 手作業による1点物のため、同一の商品でもまったく同じものとはなりません。細部が異なる場足がございます。

 商品価格は税抜きとなっております。

 

 購入に関するお問い合わせは、下記のアドレスまでお願い致します。


        harikonohayashiya@gmail.com
 スポンサーリンク